通訳案内士 資格情報

通訳案内士 資格 取得方法 資格内容 試験内容 難易度 合格率 免除 試験日 試験地 収入 将来性 問い合わせ先情報
通訳案内士 資格情報トップ > ┣ 試験内容 > 通訳案内士 試験内容

通訳案内士 試験内容

通訳案内士 試験内容

1.外国語についての筆記試験 (記述式)

英語 フランス語 スペイン語 ドイツ語 中国語 イタリア語 ポルトガル語 ロシア語 韓国語及びタイ語のうち 受験者の選択する1ヶ国語(ただし 今年度外国語の英語科目が免除となり 併せて他の外国語科目の受験を希望する場合 または英語以外の外国語科目が免除となり併せて英語科目の受験を希望する場合は二ヶ国語の受験を可能とする)

2.日本語による筆記試験 (マークシート方式)

(ア)日本地理 (イ)日本歴史 (ウ)産業 経済 政治及び文化に関する一般常識

口述(第2次)試験

通訳案内の実務(筆記試験で選択した外国語による実践的コミュニケーション能力人物考査を含む)

通訳案内士とは
通訳案内士 資格内容 通訳案内士 受験資格 通訳案内士 試験内容
通訳案内士 免除 通訳案内士 受験料 通訳案内士 試験日
通訳案内士 試験地 通訳案内士 難易度 通訳案内士 合格率
通訳案内士 収入  通訳案内士 将来性 通訳案内士 問い合わせ先
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。